完治後の生活

手術治療器具

がんとは悪性腫瘍の事です。
遺伝子の変異によって生まれる細胞集団のうち、周囲の組織に浸潤したり、転移したりする腫瘍です。
この病気は適確な治療を行なわずに放置すると、高い確率で死に至ります。
主な症状としては、患部に触って分かるしこりが出来る、出血を起こしやすくなる、腫瘍が腸管等を閉塞する事による便秘等があります。
がんの治療方法としては、外科手術や化学療法、放射線治療等が有名です。
他にも様々な治療方法がありますが、どの治療方法を行なうかは病気の進行具合等によって異なります。
そのため、患者本人と医師で細かく相談をした上で、どの治療方法を行なうかの決定がされるのが一般的です。
患者は自分の希望を明確に医師に伝える事が大切です。

前述したように、がんの治療方法にはいくつかの方法があります。
中でも代表的なのが化学療法です。
化学療法とは、一般的には抗がん剤治療と呼ばれています。
がん細胞の増殖を阻害する働きのある薬を服用する事で、治療を行ないます。
ある程度の効果は期待出来るものの、吐き気や嘔吐、頭髪が抜けるといった副作用が起こります。
他の治療方法としては、外科手術もあります。
これは外科的な処置によって患部を切除するという方法です。
効果はありますが、患者にある程度の体力が必要である事や、場合によっては患部を取りきれない事がある等の問題点もあります。
それ以外には、放射線を患部に照射して治療する放射線療法や、臍帯血を利用する方法等もあります。