早期発見が大事

医師

最近の二十年以上も日本人の死因の第一位となっていて、男性では二人に一人、女性では三人に一人はかかる病とされています。
今回はこのガンについて紹介していきます。
ガンの一般的な治療法は外科療法、放射線治療、科学療法(抗がん剤)の三つに分類されます。
早期発見ができれば、ほぼ手術や放射線治療による局所てきな治療できます。
しかし、進行していまい転移があったりしてしまうと抗がん剤による治療が主になってきます。
体全体にがん細胞が散らばっている可能性があるので全身的な治療が必要になるからです。
このようにガン治療においては長期的になることが多く、それに伴って医療福祉の充実も患者の十分な治療、安心できるケアにおいて必要となります。

このガンにおける医療福祉にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、医療社会相談室などのような、色々な治療やそれにかかるお金、入院する病院の選び方など様々な相談ができます。
相談は無料でその内容は本人の希望であるならば口外されません。
このように心の内面におけるケアが特にガン治療においては必要です。
他にも抗がん剤による副作用で頭皮の脱毛を悩んでいる方には医療用のウィッグや帽子などや、術後における下着やバッドなどの商品も充実しており治療以外にも普段の生活レベルでのケアも進んできています。
同じ患者さん同士での交流の場やグループも積極的にできており、そこに医師や看護師などの医療関係者も入り支える活動も行われています。
このような医療福祉の充実によってもガンの治療を効果的にしていると言えます。