医師

早期発見が大事

大腸がん、胆のうがん、乳がんといったがんは発見が遅れてしまうと治療をすることが不可能なほど進行してしまう。再建などのためにも、定期的な検診を利用し、早期発見に繋げる事が大事である。

Read more
救急車

治療方法

がんの治療方法は乳がんや大腸がん、胆のうがんなど種類によって効果的な手術方法が異なってくる。抗がん剤治療や外科手術による治療や再建手術など、適した治療があるので検討する。

Read more
アンプル

名医を探す

がんの種類は色々あるが、病院によっては乳がんや乳房の再建が得意な病院や、胆のうがんの再発予防が得意な病院などがある。大腸がんなど様々な癌の種類によって治療が得意な病院が異なるので検討する事が大事である。

Read more
手術治療器具

完治後の生活

乳房の再建は乳がん治療の延長線でもある。胆のうがんや大腸がんは完治させることのできるものとして変化しているが、これは予後治療が発展したことが大きく影響している。

Read more

慌てず治療する

検査機器

大腸や胆のうは消化のために働く器官である。
また、乳房は乳児が成長するために必要な栄養素を含んだ母乳を分泌してくれる器官である。
このように、人間の器官は細胞分裂によりそれぞれもつ役目を分化させ、効率よくこの世界で行きていけるための組織を形作っている。
器官は細胞分裂や再生を繰り返すことで、機能を再建させ、日々生まれ変わり、エネルギーを生み出しているのである。
しかし、この細胞の再建や生まれ変わりが上手くいかなくなることがある。
細胞は常に効率よく再建を繰り返すという働きをする以外にも、突然変異をすることもある。
これが細胞のがん化である。
細胞ががん化し、悪性腫瘍ができてしまうと、失われた細胞は二度と元の状態に再建されることはない。

大腸がんや乳がん、胆のうがんは今や治療可能な病気で、失われた機能も再建することができる。
かつては一度がんにかかってしまうと切除するだけでも大変な労力がかかり、体にも負担を強いてしまっていた。
がんは国や人種関係なく、人類全体がかかる病気であるため、その治療や再建についての技術を開発するためには様々な努力が重ねられてきた。
このため、がんは早期発見をすることができれば、再発も防ぐことができる、治療可能な病気になったのである。
がんの治療には悪性な腫瘍を切除する手術が最も一般的に行われ、乳がんの治療については、乳房を全摘出する人も多かった。
しかし、今は形をできるだけもとの形状に戻す再建手術の技術も高まっているため、乳がん手術で失われた乳房も取り戻すことができる。